1
金足農、吉田の5戦連続完投で初の決勝進出! 秋田県勢103年ぶり快挙【全国高校野球】

金足農、吉田の5戦連続完投で初の決勝進出! 秋田県勢103年ぶり快挙【全国高校野球】

10,334 views

8/20(月) 12:17配信

ベースボールチャンネル

<第15日 第1試合 準決勝 ○金足農2―1日大三●> 第100回全国高校野球選手権記念大会は20日、阪神甲子園球場で第15日を迎え、準決勝第1試合では金足農(秋田)が日大三(西東京)を破り同校初の決勝進出。秋田県勢としては1915年の第1回大会以来103年ぶりの決勝進出を果たした。 【図表】第100回全国高校野球選手権記念大会<トーナメント表> 金足農の先攻で始まった試合は初回、いきなり試合が動く。金足農は、日大三の先発・広沢優(2年)に対し先頭の菅原天空(3年)が中前安打で出塁すると、続く佐々木大夢(3年)が送りバントを決めて1死二塁とチャンスを作る。その後2死となったが、4番の打川和輝(3年)が左前へタイムリー安打を放ち1点を先制した。 対する日大三は、準々決勝までに4戦計615球を投げた金足農の先発・吉田輝星(3年)の前に初回は無得点。2回は2死から高木翔己(3年)がライトへ二塁打を放ち、吉田の暴投で走者を三塁に進める。しかし、飯村昇大(3年)が空振り三振に倒れ同点に追い付くことはできなかった。 金足農は3回、9番の斎藤璃玖(3年)が右前安打で3イニング連続で先頭打者を出塁させると、その後2つの四球などで2死満塁とする。しかし、ここは広沢が大友朝陽(3年)を一邪飛に打ち取って無失点で切り抜ける。 試合は1-0で金足農リードのまま中盤に入り、4回に金足農が2死から2本の安打で二、三塁としたところで、日大三は先発の広沢に代わり2番手・河村唯人(3年)が登板。河村は、菅原天空をカウント2-2から高めの速球で空振り三振に仕留めて火消しに成功した。 ピンチを脱した日大三は、直後の攻撃で2死から大塚晃平(3年)が相手のエラーで出塁すると、中村奎太(3年)も左前安打で続き一、三塁と再び同点のチャンス。しかし、ここでも吉田が高木を速球で空振り三振を奪い反撃をしのいだ。 追加点が欲しい金足農。ここまではチャンスを作りながら得点に結びつけることはできていなかったが、5回に先頭の佐々木大夢が四球で出塁。吉田のバントで走者を二塁に送ると、2死後に大友が中前安打を放ち、佐々木大夢が二塁からホームに生還して金足農が2-0とリードを広げた。 5回を投げ終えて投球数67球の吉田は6回、この日5度目となる先頭打者凡退を記録すると、1死から日置航(3年)に死球を与えたが、後続を打たせて取り18球で3アウト。6回まで85球と、準々決勝と比べると少ない球数で終盤に入った。 徐々に追い詰められていく日大三は8回、1死から金子凌(3年)と木代成(3年)が連続安打で一、二塁のチャンスを作る。日置の左飛で2死一、三塁とし、4番の大塚が吉田の内角の速球を弾き返して左間へタイムリー安打。2-1と1点差とする。しかし、続く中村が変化球に空振り三振を喫して同点はならなかった。 9回、吉田は一、二塁まで粘る日大三打線に対して148キロを計測するなど無失点で抑え切り、134球で5試合連続完投。金足農が2-1で勝利し、初の決勝進出を決めた。秋田県勢としては、1915年の第1回大会で準優勝した秋田高以来103年ぶりの決勝進出。 日大三は、継投で繋いだ投手陣は再三のピンチをしのぐ力投を見せたが、打線が吉田の前になかなか先頭打者を出せず、9回までに5度得点圏に走者を進めるも得点には至らなかった。



この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったらいいね!しよう

MINTの最新記事をお届けします



TOPに戻る